学びの意欲は年齢不問?通信制大学院の詳細を学ぼう!

学びの意欲は年齢不問?通信制大学院の詳細を学ぼう!

様々な理由で通学できなかった人を支える制度

通信制大学院は1998年に制度化された、通信制の高等教育機関です。大学院への通学を希望しても地理的や時間的な理由から断念してしまうケースがあります。特に社会人の場合、仕事の忙しさから通学ができない人が少なくないため、どのような環境にいる人でも平等に教育を受けられる制度が求められていました。通信制大学院は社会人の学習需要に応える、居住環境を問わず利用できる制度と言えるでしょう。その一方で大学院によっては講師と受講者が教室で対面するスクーリングの時間を組み込んでいる所があります。学校で学ぶことの重要性に基づくシステムですが、地理的な理由で通学できない人にとっては面倒に感じられるのも事実です。

どうしても居住地から離れることができない場合、スクーリング不要な所を選ぶのが無難な対処法になります。入学式など一部の式典への参加を義務付けている所もあるので事前の確認を忘れてはいけません。

年齢を問わず入学できる

年齢不問であることも通信制大学院の魅力です。学びへの意欲に年齢は関係ありません。仕事に尽力しつつ勉強もしたい、定年を迎えたので改めて高等教育を受けたいなど学習意欲の形は人それぞれです。通信制大学院は学ぶ意欲を持つ人なら年齢不問で受け入れるので高齢であっても入学が可能ですが、最終学歴など年齢以外の条件については大学院によって異なるので確認は必須です。また、履修科目によって必要な受講時間や教材の購入費も変わるのでその点も注意します。

通信制大学院は、環境、時間に制約がある者に対して門戸が開かれています。授業体制は、レポート、オンラインなどを利用し、時にはスクーリング(面接授業)というマンツーマン形式の授業も用意されています。